トラブルが多いわけ

借地権とは、他人から土地を借りて使用する権利のことをいいます。借地権付きの土地に家を建てたという場合、自分のものは建物だけで、土地は自分のものではありません。ですから地主に地代を払い続けることになりますが、その使用権はほぼ永久的に保護されます。
ただし増改築、名義変更の時は手数料が発生しますし、その際には地主の許可が必要になります。建物を売却する時には、借地権のある家は当然資産価値も下がります。こうした現状を踏まえたうえで、借地権契約は結ばれるものです。
しかし借地権に関するトラブルは大小の形であちこち発生して問題となっていたため、平成4年に借地権が改正されました。
トラブルの主な原因は、土地の使用がほぼ永久的であるといったように、借りる側を強く保護する法律であったことにあります。そこで改正のポイントとして、貸す側の地主に有利となるような条項を増やしたのです。
改正前は借地権をめぐるトラブルが絶えず、またそんなトラブルに嫌気がさした地主が借地権を避ける傾向があり、借地権自体の取引が減少していたという背景もありました。
そんな状態を回避するためにも、地主の権利を保護することとしました。
現在は旧借地権法と新借地権法が混在し、平成4年以前の借地権については旧借地権法が適用され続けています。
旧法と新法では権利の取り扱いに大きな違いがありますので、借地権が関係する不動産取引をする場合には、かならずどちらの法律に基づいているものなのか確認してください。

<管理人注目サイト>
借地権の売買に関する法律などを専門家に相談出来るサイトです ⇒⇒ 借地権の売買

Copyright © 2014 借地権について All Rights Reserved.